保育目標

私たちの目指す保育

 私たちはひとりひとり、神様からかけがえのない命をいただいて生まれてきました。神様が私たちを創ってくださった「創造」と、そのことにいつも感謝して生きる「感謝」、この2つが私たちの保育標語です。
 乳幼児期に必要な情操の陶冶と、心身の円満な発達のために、キリストの愛をたっぷり注ぎながら毎日の園生活を組み立てます。
 また犀川の豊かな自然が私たちの保育環境です。都会では失われがちな四季折々の自然にいっぱい触れて、豊かな感性を育みます。


沿革

1962年4月 日本基督教団犀川教会は地域の要望に応えるべく、幼児教育施設「犀川教会愛児園」の開設を教会総会で決定。同年11月、教会堂を園舎に36名の園児たちで愛児園が開園。

 1964年 3月 教会員の献金により現在地を購入し、園舎を新築。

 1975年 8月 社会福祉協議会の資金貸し付けを受けて園舎を増築。

 1975年 11月 定員60名の認可保育所「犀川のぞみ保育園」となる。

 1976年 1月 九州キリスト教社会福祉事業団(本部は中津市)設立。設置主体となる。

 1989年 2月 新園舎竣工。

 2003年 4月 卒園児のために放課後児童クラブ「のぞみ保育園児童クラブ」を開設。

 2011年 4月 認可定員を40名に変更。

 2015年 3月 保育新制度により「のぞみ保育園児童クラブ」を含む3つの児童クラブは「犀川児童クラブ」に統合される。

 2019年3月末で卒園者は1,095名となる。

礼拝